2020年分の確定申告のポイント

個人事業主でいらっしゃるクライアント様より、2020年の確定申告についてのご質問をいただきまました。

 

確定申告で使える控除など、かなり変わるらしいということを耳にしましたが、今から準備しておくべきことはありますか?

今から準備することといえば、何が変わるのか理解しておく、ということですね。それから、もし電子申告(e-tax)を今回から利用しようとされている方がいれば、電子申告をするための準備が必要になります。

基礎控除が増えます

基礎控除というのは、会社員でも個人事業主でも、税金を支払っている人なら全員受けられる控除のことで、前年までは一律38万円だったのが、今年から所得に応じて16万円~48万円になりました

合計所得金額が2,400万円以下であれば48万円ですので、ほとんどの人はここに該当すると思います。個人事業主の方にとっては、少し嬉しい変更、ということになります。

(会社員の方は、給与所得控除の金額が10万円減っているので、プラマイゼロ、という方がほとんどです。)

扶養控除・配偶者控除・配偶者特別控除の判定基準が変わります

上記のとおり基礎控除や給与所得控除が変わったことで、いわゆる103万円の壁(配偶者控除)などの基準の金額も(一見)変わりました。

要件だけみると、全部10万円ずつ上がったので「扶養の範囲が広がったの??」と思いがちですが、扶養されている人がパート勤務などの給与所得者の場合は、給与所得控除の金額が10万円減っているので、基準自体は変わらない、という(ちょっとわかりにくい)ことになっています。

新型コロナウイルスの影響で休業・離職した人は

離職した場合などで合計所得が133万円以下まで減少した人は、配偶者控除・配偶者特別控除の対象になります。

また、休業手当を受け取った人は給与所得に含まれて課税されますので注意してください。

未婚のシングルマザーに対する控除が創設されました

これまで、ひとり親(シングルマザー)が使える控除は、離婚や死別の場合しかありませんでした(寡婦控除/寡夫控除)が、今年から「ひとり親控除」(35万円)が使えるようになりました。未婚のシングルマザーでも控除が使える、ということです。

控除を受けるための要件は2つ。

  • 合計所得金額が500万円以下
  • 事実婚の人はダメ

ということです。

近くに該当する友人などいたら、教えてあげてくださいね。

住宅ローンを組んで家を買った人は

消費税10%で家を買った場合で、2019年10月1日~2020年12月31日までの間に住み始めた場合、住宅ローン控除期間が(3年延長されて)13年になります。

持続化給付金などを受け取った人は

新型コロナウイルス感染症関連でうけとった給付金などは、収益となって課税されるものと、非課税のものがあります。

コロナ関連で事業主が受け取ったものは基本的に課税!

コロナ関連で事業主が受け取ったものは基本的に収益として課税されます。主に、以下のような助成金・給付金などがあります。

  • 持続化給付金
  • 家賃支援給付金
  • 休業要請協力金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • IT導入補助金
  • 雇用調整助成金
  • 小学校休業等対応助成金
  • 小学校休業等対応支援金
  • 働き方改革推進支援助成金

個人が受けるもの

休業手当や未払賃金立替払い制度によるものは、収入扱いされて課税されますが、下記のものは、非課税(税金は払わなくてよい)となります。

  • 住宅確保給付金
  • 特定定額給付金
  • 子育て世帯への臨時特別給付金
  • ひとり親世帯臨時特別給付金
  • 新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金
  • 給付型奨学金
  • 学生支援緊急給付金
  • 傷病手当金
  • 雇用保険基本手当

青色申告特別控除は紙か電子申告かで違いが

個人事業主が確定申告をする場合、青色申告をするとこれまでは一律65万円の控除が使えました。(青色申告特別控除といいます)

2020年度以後の青色申告特別控除は、65万円から55万円に引き下げられましたが、電子申告(e-tax)で申告書を提出すれば65万円の控除を受けることができます

電子申告をするには、事前の準備に時間がかかりますので、早めに手続きを進めてください

参考URL:e-Taxご利用の流れ

税理士さんに申告をお願いしている人は、税理士さんが代わりに手続きしてくれるので大丈夫でしょう。

その他、確定申告の注意点

その他、今回変更される点ではありませんが、注意が必要な点をあげておきますね。

医療費控除

一緒にすむ家族が使った医療費が10万円を超える場合は、医療費控除を使うことができます。今年はマスクをたくさんかってお金がかかったご家庭も多いと思いますが、マスク代は予防のための支出なので、残念ながら医療費控除の対象にはなりません。

その他にも、確定申告が必要な人

下記に該当する人は確定申告を必ずしなければなりませんので注意してくださいね。

  • 給与収入が2000万円を超える人
  • 年の途中で退職して年末調整を受けていない人
  • 住宅ローン控除を初めて受ける人
  • ふるさと納税などで寄付をした人
  • 災害や盗難にあって雑損控除を受けたい人

    

※文中の表は、国税庁のホームページ から拝借しました。

   

以上、簡単にですがまとめてみました。少しでもお役に立てれば幸いです。

  

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2020年分の確定申告のポイント

お役立ち記事・セミナーやイベントのお知らせ・お得なキャンペーンのご案内などを配信しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です