税金の計算を人任せにするのは日本人だけ?!

先進国の中で、日本人の金融知識は下から2番目。というちょっと悲しいデータがあります。

参考:financial literacy around the world
参考記事:What is the Financial Literacy Rates Around the World?

金融知識(FINANCILAL LITERACY)」がある人というのは、つまり「貯蓄や投資や借入などについての意思決定を適正な情報に基づいて行うことができる人」のことをいいます。(People who are financially literate have the ability to make informed financial choices regarding saving, investing, borrowing, and more.)

あなたのファイナンシャル・リテラシーは大丈夫?

上のグラフは、ある調査に基づいた結果なのですが、これはごく簡単な4つの質問に答えてもらう、という調査です。あなたもこの4つにこたえられるか、チェックしてみましょう!

質問1:リスク分散 RISK DIVERSIFICATION

あなたが持っているお金を、1つのビジネス(株式)に投資するのと、たくさんのビジネス(株式)に投資するのとでは、どちらが安全でしょうか?

Suppose you have some money. Is it safer to put your money into one business or investment, or to put your money into multiple businesses or investments?

質問2:インフレーション INFLATION

10年後、物価が2倍になるとします。あなたの収入も2倍になったら、現在買うよりもたくさん買えますか?同じでしょうか?買えるものは少なくなるでしょうか?

Suppose over the next 10 years the prices of the things you buy double. If your income also doubles, will you be able to buy less than you can buy today, the same as you can buy today, or more than you can buy today?

質問3:利息計算 NUMERACY (INTEREST)

あなたが100ドル借りなければならなくなったとします。返済金額で少ないのはどっち?→105ドル? 100ドル+3%の利息?

Suppose you need to borrow 100 US dollars. Which is the lower amount to pay back: 105 US dollars or 100 US dollars plus three percent?

質問4:複利計算 COMPOUND INTEREST

年利15%の利息(複利)がつく銀行預金に2年お金を預けるとします。受取りことができる利息は1年目より2年目の方が多いですか?それとも1年目も2年目も同じでしょうか?

Suppose you put money in the bank for two years and the bank agrees to add 15 percent per year to your account. Will the bank add more money to your account the second year than it did the first year, or will it add the same amount of money both years?

銀行口座に現在100ドル預金があり、毎年10%預金を追加していくとします。5年後には口座残高はいくらになるでしょうか?(一度も引き出さないとします)→150ドルより多い?150ドルぴったり?150ドルより少ない?

Suppose you had 100 US dollars in a savings account and the bank adds 10 percent per year to the account. How much money would you have in the account after five years if you did not remove any money from the account?

(答えは文末に)

どうして日本人(特に女性)のファイナンシャル・リテラシーは低いと言われてしまうのでしょうか?

どうして金融知識が低いか?・・というと、「学んでないから」というのがそのままの答えとなってしまいます。確かに、学校の義務教育や受験勉強にはお金の話なんて出てきた記憶がありませんし、今の子どもたちの授業内容をみても、なかなか見当たりません。(私は子どもの頃、銀行出身の母にちょっとだけきいた記憶があります。でもそれだけ。)

大人になってからの環境も、自分で考える機会を奪っているかもしれません。

たとえば、会社員の場合は、会社で「年末調整」という仕組みがあります。年末調整は、毎月、源泉徴収された税金の金額を精算するための手続きです。従業員にとっては手続きとしてはラクチンですから、よくできた嬉しい制度ではあります。大学を卒業して就職しても、年末調整とか確定申告がどんなものかを学ぶ機会は、(自分で知ろうとしない限り)なかなかありません。書類さえ提出すれば、会社が税金の計算も納付も完了してくれるので、「自分がいくら税金や社会保険を払っているか」と考えるよりは、「手取が前の月よりいくら増えたか」で一喜一憂する人のほうが多いのではないでしょうか。自分の税率が何パーセントか、把握している人も実は少ないのではないでしょうか?

自分(やパートナー)の税金や税率がどのくらいなのかを知らないって、算数や数字が苦手なことを言い訳にできないことです。だってもともと自分のお金ですよ?

ちなみに、源泉徴収からの、年末調整で、本人が納税の申告手続きに関わらないのは、先進国の中でも日本だけなんだとか。(そうじゃないよッ‥という事例をご存知の方がいらっしゃったら教えてください。)

ファイナンシャル・リテラシーを高めるために今日からできること

という訳で、日本の女性の皆さん、今日からまたファイナンシャル・リテラシー(金融知識)、高めていきましょうね。自分や子どもたちや日本の未来のために。

この仕事(FP)を始めてから知り合った方々のお顔を思い浮かべると、共通して言えるのは、「皆さんとっても真面目でまっすぐ!」ということ。だから、きっかけを作って環境を作ればどんどん貪欲にいけるのではないかと思います。

こんな勉強会もありますので、よかったら参加してくださいね。

2020年7月開催(録画受講可能):HappyLeafのお話会 テーマ「税金」

    

    

質問の答え:①複数 ②同じ ③100ドル+3%の利息 ④2年目のほうが多い、150ドルより多い

   

   

参考:financial literacy around the world

参考記事:What is the Financial Literacy Rates Around the World?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガで一緒に楽しく学びましょう

あなたのファイナンシャル・リテラシー(お金の知識)が知らないうちにアップ!
オトクな情報がたくさん!


夢を叶えるお金の話、不定期に配信しています

ぜひご登録ください♡

税金の計算を人任せにするのは日本人だけ?!” に対して1件のコメントがあります。

  1. ひらぎ より:

    お金の知識って大事ですね。必要な時に調べて、終わると忘れてしまってます^^

ひらぎ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です