奨学金情報:新型コロナで家計が苦しくなってしまったら

新型コロナウイルス感染対策に関する色々な支援策は、刻々と変わる状況の中、日々新しい情報が出てきています。(気づいたときに情報をシェアしていますのでよかったらFacebookをフォローしてください)

さて、家計が苦しくなってしまったときに、大学生のお子さんがいる家庭では、急に奨学金が必要になる人もいるでしょうし、すでに貸与型の奨学金を利用している人が返済が困難になってしまうこともあるでしょう。そんな時に利用を検討したい制度についてご紹介します。
(ここでは日本学生支援機構の奨学金の内容について、ご紹介します。奨学金は他にも企業や団体、学校などが独自に行っているものもあります。)

給付型奨学金:緊急に支援が必要になった場合

給付型奨学金を受給するには、所得要件を満たすことが必要です。

予期できない事由により家計が急変し、急変後の収入状況が住民税情報に反映される前に緊急に支援の必要がある場合には、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認されれば給付奨学金の支援対象となります
※ すでに大学等に在学している人が対象です。

通常は給付型奨学金の申し込みは春または秋ですが、家計急変の場合は通年申込みが可能です。(急変してから3ヶ月以内に申し込むこと。)

所得要件(収入基準)の目安は以下のとおりです。

給付奨学金案内-家計急変- より抜粋

詳しくは、給付奨学金案内-家計急変-をご覧ください。

貸与型奨学金:緊急に支援が必要になった場合

貸与型(返済が必要)の奨学金には、第一種・第二種と2種類あります。それぞれ緊急採用(第一種)、応用採用(第二種)と呼ばれていますが、対象になるのは以下の人です。

失職・破産・事故・病気・死亡もしくは火災・風水害等の災害等又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金が必要となったと認められ、家計急変の事由が発生してから12か月以内である者。

日本学生支援機構HPより

※「短期大学・大学・大学院・専修学校(専門課程)・高等専門学校」に在学中の方が対象です。予約採用は本制度の対象外となりますので、現在高等学校に在学中の方は、緊急採用・応急採用に申し込むことはできません

詳しくは、緊急採用・応急採用についての詳細ページをご参照ください。

貸与型奨学金:返済期限猶予、減額返還

すでに貸与型の奨学金を利用している方(学生さん)は、一定期間返済を待ってもらう『返済期限猶予や、約束どおりの返還は難しいけど減額した金額ならば返還が継続できる場合は『減額返還という制度を利用することが可能です。

必要な手続きなどについてはこちら(支援機構のHP)をご確認ください。

奨学金は二人に1人が利用しています

奨学金は、今ふたりにひとりが利用している制度です。まだお子さんが小さいという方も、いまから情報収集しておくと安心ですよ。

Happy Leaf 2020年4月のお話会のテーマは教育費。奨学金についても解説します。zoom開催ですのでお気軽にご参加くださいね。→詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガで一緒に楽しく学びましょう

あなたのファイナンシャル・リテラシー(お金の知識)が知らないうちにアップ!
オトクな情報がたくさん!


夢を叶えるお金の話、不定期に配信しています

ぜひご登録ください♡

奨学金情報:新型コロナで家計が苦しくなってしまったら” に対して2件のコメントがあります。

  1. ひらぎ より:

    急遽利用できる制度があるのですね!!覚えておきます!!^^

    1. 岡田のりか より:

      ひらぎ様
      コメントありがとうございます。困っているときに助けてくれる制度はうまく活用していきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です