アラフォー女性が退職を考えたらチェックしたいポイント

アラフォー女性が転職や退職を考える場合、「退職金」の色々は知っておきたいポイントです。

なぜかというと、女性が何等かのライフイベント(妊活・出産・育児・介護…)を理由に転職する場合、収入が下がることがほとんどであることを考えると、退職金は当面の家計をやりくりするための大切な資金源のひとつだからです。

退職前に確認しておきたい退職金についてのポイントをまとめてみましたので、転職や退職を考えている方は参考にしてみてくださいね。

  

ちなみに、この度、リクルート社さんのamuelle(アミュエル)というサイトで「退職金と税金」をテーマとしたコラムを担当させていただきました。こちらも合わせてご覧ください。

退職金は税金が優遇されているのでかからないケースが多いのですが(かかることもありますよ!)、意外と見落としがちなのは退職後に支払うことになる「住民税」です。

【FP監修】知っておきたい退職金と税金のこと。所得税や住民税はかかるの?

    

    

「退職金は長く働いたごほうび」と考えるのはキケンな理由

たとえば40歳で正職員からパートなどへ転職する場合、新卒からずっと同じ会社で働いていたとすると勤続20年くらいにはなりますから、まとまった金額の退職金がでることも考えられます。これを「長く働いたごほうび」と考えて使ってしまうのではなく、今後のライフプランを考慮して計画的に使っていくようにしましょう。

理由はシンプルです。その後の収入が減ってしまうからです。

「結婚・出産・育児」を理由にした女性の離職率をみると、30代が一番多いという調査結果があります。

また、パートタイム労働者の割合でみると、女性ではなんと半分以上がパートタイム労働者で、40代以降は6割を超えていることが分かります。




雇用動向調査(厚生労働省)より

労働時間を短くしたり、時間の融通がきくことを優先すると、どうしても収入は減ってしまいます。

ここをどううまく乗り越えることができるか、そしてその後のライフプランをきちんと見通しているか。ここが40代女性の今後を大きく左右することになるでしょう。

退職金はいくらくらいもらえるの?

そもそも退職金をいくらもらえるか、ご存知でしょうか?

勤務形態・働いた期間・業種などによって違いますので一概には言えないのですが、平成30年の調査では平均の退職給付金額が大卒で1,519万円です。(勤続20年以上かつ45歳以上の自己都合退職者平均)

データ:平成30年就労条件総合調査 結果の概況(厚生労働省)

まとまった金額を手にすると、「ごほうびの旅行に行こう」「せっかくだから投資をはじめよう」…などと考えてしまうことが多いと思いますが、そこはちょっと待って、冷静に考えましょう。

本当にその使い方、大丈夫でしょうか?

旅行や投資が悪い、と言っているわけではないです。長期的な視点をもって自分の考えを持って計画的にしていることでしたら全然オッケーです。

ダメなのは「人にすすめられたからいいと思った」「○○さんもこうしてたから」と他人の基準を自分に置き換えてしまうことです。

退職・転職は計画的に。

不安なら一度ライフプランを作ってみましょうね。

     

    

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガで一緒に楽しく学んでみませんか?

オトクな情報がたくさん!
プレゼント付き!

アラフォー妊活・出産の女性を
元気にする無料メールマガジンです

ぜひご登録ください♡

アラフォー女性が退職を考えたらチェックしたいポイント” に対して1件のコメントがあります。

  1. ひらぎ より:

    退職金がそんなに高額ある方は、ほんの一部でしょうね。そのように高額あったら、投資や旅行と思う方もいるかと思いますが、実際は貯金やほんのちょっとご褒美、、、というくらいでしょうね^^

    1. 岡田のりか より:

      ひらぎさま、こんにちは。コメントありがとうございます。確かにそうですね。「勤続20年以上かつ45歳以上」という条件なので、男性やもっと定年退職に近い人も含まれていてかなり高い金額が出ていると思います…。いずれにしても、退職や転職のときは、ライフプランを作るなどして長期的な視点で準備していくとよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です