妊活中に具合が悪くて長期間仕事を休んだら…

妊活中は、時間のやりくりも大変ですが、なにより自分の体調が悪くなってしまうことがつらいですよね。

会社員が病気やケガで仕事ができなくなった場合に収入がなくなってしまうのは困るでしょうから手当金を支払いますよ、という制度があります。

傷病手当金」といいます。

この制度、知ってはいてどういう状況ならもらえるのかそのくらいもらえるのか、理解している人は意外と少ないようです。

妊活中も、思いがけなく長期間体調を崩してしまうこともあるでしょうから一度、内容をチェックしてみてくださいね。

そもそも傷病手当金って何?

まずは協会けんぽのホームページをそのまま引用しますね。

傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

協会けんぽ

働くことができなくなったときにこういう制度があると知っていると、ちょっと安心ですよね。

収入補てんのための生命保険に入るときは注意!

病気やケガで働けなくなった時にお金がないと困る…と、民間の生命保険に入ることを検討される方がいます。

が、まずはこういう傷病手当金のような制度があることを知っておかないと、必要以上に入ってしまって本来加入する必要のない保険料を支払うことになってしまうことがあります。注意してくださいね。

傷病手当金が支給される条件

(1)業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること

業務内、つまり仕事が理由の病気やケガや通勤時の事故は傷病手当金ではなくて労災保険の対象になります。

また、健康保険給付のある療養だけでなく、自費治療や自宅療養でも「仕事に就くことができない(2へ)」証明ができれば支給されます。

(2)仕事に就くことができないこと

療養担当者(かかりつけ医など)の意見を元に仕事の内容などを考慮して判断されます。

(3)連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと

仕事を休んだ日から連続して3日間(待期といいます)の後、4日目以降の仕事に就けなかった日に対して支給されます。待期には、有給休暇、土日・祝日等の公休日も含まれます。

(4)休業した期間について給与の支払いがないこと

有給休暇などを使って給与が支払われている間は、傷病手当金は支給されません。ただし、給与の支払いがあっても、傷病手当金の額よりも少ない場合は、その差額が支給されます。

仕事を退職して、任意継続被保険者である期間中に発生した病気・ケガについては、傷病手当金は支給されません。

傷病手当金が支払われる期間と金額

傷病手当金が支給される期間は、支給開始した日から最長1年6ヵ月です。金額は1日あたりの計算式が決まっています。

かんたんにいうと、1日当たり過去1年間の平均日給の3分の2がもらえるということになります。

ざっくり計算してみますね。

1日あたり平均7,500円もらっている(月額で23万円くらいの)人は5,000円の傷病手当金がもらえる、ということですね。

30日間、休んだと仮定すると、

(30日―3日(待機期間))×5,000円=135,000円

が、もらえる金額の合計額となります。

協会けんぽ 病気やケガで会社を休んだとき より

こんな場合は?? を考えてみましょう

制度の説明をしてきましたので、具体的なポイントも確認していきましょう。

妊活中に仕事を休んだら傷病手当金はもらえるの?

たとえば、不妊治療中に、入院してしまった場合や自宅療養をした場合(診断書が必要です)も傷病手当金の支給条件に該当してきます。

不妊治療そのものは、傷病手当金の対象にならないので注意しましょう。

有給休暇を使ったら傷病手当金はもらえないの?

傷病手当金の支給要件の4つ目に「休業した期間について給与の支払いがないこと」とありますから、たとえば有給休暇を使って入院した場合などは、傷病手当金はもらえません。

逆に有給休暇は使わずに、「欠勤」扱いしてもらえば、傷病手当金がもらえるということになりそうですが、多くの女性は先に有給休暇を消化するケースが多いようです。

理由は簡単。

もらえる給与が、有給休暇は満額、傷病手当金は3分の2だからです。

傷病手当金をもらっている間に産前休暇に入ったら?

傷病手当金は妊娠中のトラブル(悪阻、切迫流産、切迫早産、妊娠高血圧症など)

による欠勤も対象ですが、産休中のトラブルは、出産手当金が優先されます。

つまり両方もらうことはできません。が、傷病手当金のほうが出産手当金より多ければ、その差額をもらうことができます。

出産手当金については↓こちら参考にしてくださいね。

出産で会社を休んだとき

出産手当金について

退職しても傷病手当金はもらえる?

退職日までに、被保険者期間が1年以上で、退職時に、すでに傷病手当金をもらっている状態(またはもらえる条件がそろっている状態)にあれば、退職後も引き続き受給することができます。

ただし、いったん復職してからまた同じ病気で欠勤する場合はもらえません。

また、退職時に任意継続被保険者を選択した場合、この期間中に発生した病気・ケガについては、傷病手当金は支給されません。

ご参考:私が切迫流産で入院したときはどうしたか。

私も以前、17年間会社員でした。その間に入院したのは2回。(うち、一度は妊娠7週目の切迫流産でした。)

このときは、結局、傷病手当金は申請しませんでした。つまり、欠勤扱いではなくて有給休暇の消化という選択をしました。

理由は

・有給休暇がたくさん残っていた

・手続きが面倒だった

・やはり金額が2/3になってしまうので、有給休暇が有利だった

というものでしたが、一番大きかったのは入院が長期化しないことが分かっていたということです。

ですので、長期入院する可能性があることを考えると、傷病手当金は知っておいて損はない制度だと思います。

治療費をカバーするためには「高額療養費制度」を知っておこう

治療費が高額になってしまった場合は「高額療養費制度」を使うことができます。

病院の窓口で支払う自己負担金額が高額になってしまった場合に支給されます。

所得に応じて限度額は異なりますが、例えば70歳未満で月収28万円~53万円のケースでは、100万円医療費で窓口負担が3割の30万円の場合、支給される高額療養費は212,570円で最終的な自己負担額は87,430円になります。

こちらの記事も参考にしてください。

 

アラフォー妊活・高齢出産のお金の悩みを明るく楽しく解決しませんか?
↓↓

☆無料メルマガ☆アラフォー女子のハッピーマネーレッスン☆

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガで一緒に楽しく学びましょう

あなたのファイナンシャル・リテラシー(お金の知識)が知らないうちにアップ!
オトクな情報がたくさん!


夢を叶えるお金の話、不定期に配信しています

ぜひご登録ください♡

妊活中に具合が悪くて長期間仕事を休んだら…” に対して2件のコメントがあります。

  1. ひらぎ より:

    こんにちは!
    妊活にも傷病手当って使えるのですね。参考になりました。

    1. 岡田のりか より:

      妊活が直接の原因で長期間お休みすることは可能性としては低いのかもしれませんが、妊活をきっかけに大きな病気がみつかったり、治療中に予期せぬ不調が起こってしまうことはありえます。そんなときに、この制度があることを知っていると安心ですね。
      コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です