日本人vsアメリカ人。30代・40代女性の平均貯蓄額は?

 

 

 

「タイタニックジョーク」
というのをご存知ですか?

↓↓↓

 

 

沈没しかけた船に乗り合わせる様々な国の人たちに、
海に飛び込むよう船長が説得をします。

 

アメリカ人には
「飛び込めばあなたはヒーローになれます」

 

イギリス人には
「飛び込めばあなたはジェントルマン(紳士)になれます」

 

ドイツ人には
「飛び込むのはルールです」

 

イタリア人には
「飛び込めばあなたは女性に愛されます」

 

そして日本人には
みんな飛び込んでますよ

 

 

 

なるほどー。ですよね。笑

 

 

 

私もそうですが、

「ほかの人はどうするんだろう」
「ふつうはどんな感じなんだろう」

というのが気になる人は多いでしょう。

 

 

 

 

ファイナンシャルプランナーが
お金の相談をお受けしたり

記事を書いたりするときに
「統計値」や「平均値」を
使うことがあるのは、
『ほかの人はどういう状況か』
という数字をお見せしたり、
シミュレーションに使ったりすると
安心感があるからです。

 

 

 

 

そこで今回は、
「みんなどれくらい貯金持ってるの?」
という点を分析してみたいと思います。

 

 

 

気になりますよね?(笑)

 

 

 

米国の場合はどうなんだろうということも
調べてみましたのでご紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ズバリ。日本人の平均貯蓄額は?

 

 

調査データによりますと
日本の「金融資産」の保有額は、
二人以上世帯で

平均値  1,430 万円
中央値  609 万円

という結果がでています。

 

 

平均値は、
ごく少数の高額資産保有者が含まれていると
大きな数字となってしまいがちですので
一般的な2人以上の世帯では、
中央値のほうが参考になります。

 

中央値というのは、

全体を並べて、ちょうど真ん中の人の数字です。

 

 

 

 

では年代別の金額をみてみましょう。

 

こちらのグラフは、
世帯主の年齢別に、集計したものを
ベースにしています。

 

(グラフは元データを使って作成しました)

 

30歳代ですと
平均 660万円
中央値 382万円

 

40歳代ですと
平均 942万円
中央値 550万円

 

という結果がでています。

 

 

 

ここでいう金融資産というのは、
預貯金だけでなく、保険や
有価証券も含まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、アメリカ人の平均貯蓄額は?

 

 

日本の平均貯蓄額をみたので、
参考までにアメリカの数値もみてみましょう。

 

2016年のデータですが、
参考にはなると思います。

 

 

(単位:千ドル)

平均 中央値
35歳未満 43.2 6
35~44歳 128.6 17
45~54歳 315.4 35
55~64歳 584.2 59.2
65~74歳 547.8 59.5
75歳以上 548 63

 

単位が違うと分かりにくいので
1米ドル=110円で日本円に換算してみますね。

 

(単位:万円)

平均 中央値
35歳未満 475.2 66
35~44歳 1,414.6 187
45~54歳 3,469.4 385
55~64歳 6,426.2 651.2
65~74歳 6,025.8 654.5
75歳以上 6,028 693

 

 

 

 

(グラフは元データを使って作成しました。簡便的に1米ドルあたり110円で計算しています。)

 

 

 

 

 

日本人とアメリカ人の平均貯蓄額を比べてみると

 

 

アメリカ人はお金持ちが多い?

 

 

年代が正確には比較できないのですが
試しに日本の30代、40代と
米国の35~44歳、45~54歳を比べてみます。

 

 

 

平均値で比べると圧倒的に米国が多いですね。
中央値は平均値ほど差がありませんが、
日本人のほうが全体的に多い傾向にあります。

 

 

この数字は、日本は2人以上世帯、
米国は単身世帯を含めた全体の数字です。
集計されている母数や条件も異なりますので
あくまでも参考としてみてくださいね。

 

 

 

 

 

参考データ:

家計の金融行動に関する世論調査

Board of Governors of the Federal Reserve System- Survey of Customer Finances

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貯蓄額を他の人と比較して安心してはダメ。

 

 

 

 

さて、

先ほどの参考値をみて、

どう感じましたか?

 

 

あ、私は平均以上だからOKだわ~。

 

だいたい同じ。よかった。

 

ちょっと足りないけど、ま、なんとかなるでしょ。

 

 

…と

色々あると思いますが、

世の中の平均と、自分にとっての必要額は別。

だって、

生き方や生活スタイルや夢がまったく違うから。

 

 

 

みんなと同じだから安心、というのは

まったく根拠がありませんので

自分にとってはどうなの?という視点を

意識して持ってくださいね。

 

 

 

 

 

…とはいっても、自分はどれだけ必要なのか気になる?

 

 

 

その「気になる」というのは

とても重要な第一歩です。

 

自分の今の状態を見直そう、という

意識をもつことがスタートだからです。

 

 

 

あなたが今、30代・40代なのでしたら

まだ遅くないです。

 

少なくとも、60歳や70歳になってから

若いときにちゃんと準備しておけばよかった…

と後悔しないために、今から準備ができます。

 

 

 

ざっくりと試算してみるのでしたら

 

これからの収入見込み金額のトータル

これから必要になる支出見込み金額のトータル

 

を予測してみて比べてみるのも一案です。

 

とはいってもなかなか難しいとは思いますが…(;’∀’)

 

 

 

 

そもそも「貯金ができない」ということに

悩んでいるのでしたら、

「貯金がいくら必要か」からスタートするのではなく

貯金をするための家計の見直しから始めましょう。

 

 

 

 

 

もし、自分ひとりで考えることが不安なら

ファイナンシャルプランナーのような専門家に

相談することも検討してみてくださいね。

 

アメリカでは、ファイナンシャルプランナーに

相談するのは日本よりずっと一般的なのだそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分に必要な貯金の金額を知りたいですか?

そのための情報はこちらから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレゼント付♪無料メルマガ 明るい!妊活マネーレッスン

ご登録はこちらからどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガで一緒に楽しく学んでみませんか?

オトクな情報がたくさん!
プレゼント付き!

アラフォー妊活・出産の女性を
元気にする無料メールマガジンです

ぜひご登録ください♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です