妊活をはじめたらちゃんと考えておきましょう!『教育費』のこと。

 

 

こんにちは。岡田のりかです。

 

 

 

妊活して、

これから子どもを産もうと考えている人へ。

 

 

 

子どもの環境。

 

特に教育環境と

そこにかかるお金のこと、

考えたことあるでしょうか?

 

 

 

 

目の前のことに一所懸命だと

なかなか具体的には考える機会、

ないですよね。

 

 

 

 

子どものために、全力で環境を整え、

サポートしてあげたい!!

 

子どもの希望はできるだけ叶えてあげたい!!

 

 

 

これは、

子を持つ親であれば、誰しも思うこと。

 

 

 

私も子育て真っ最中の母親なので

声を大にして言えます。

 

 

 

 

本記事で

実際にどのくらいのお金がかかるか

イメージしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高齢出産が直面する三重苦?!

 

 

 

 

私がお話を伺った方の中には

金銭的な理由で、

子どもの希望を叶えてあげられなかった

とおっしゃっていた方が

いらっしゃいます。

 

 

 

なかには、大学進学費用を出せずに

「産んだ時点で、大学に行かせる計画

と準備くらいしておいてよ!」

と子どもに言われてしまった、

という方も…。涙

 

 

 

 

教育費の準備だけにフォーカスしても

現実はかなり厳しいです。

 

 

 

たぶん、多くの方が今思っているよりも

大変だと思います。

 

 

 

 

さらに高齢出産の場合

人生の三大資金である

「住宅」「教育」「老後」の負担が

同時にピークを迎えてしまうこともあるので

さらに厳しいです…。

 

 

 

 

それぞれ個別の事情や価値観はありますが、

教育費は大きな出費である上に、

その子の人生がかかってくるものですから

しっかりと計画を立てておきたいものですね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

ズバリ。教育費はいくら用意しておく?

 

 

 

 

中学校から大学まで、国公立と私立、

それぞれかかる費用の参考値をみてみましょう。

 

 

国公立 私立
小学校6年間 60万円 572万円
中学校3年間 54万円 320万円
高校3年間 84万円 244万円
大学4年間(文系) 244万円 391万円
大学4年間(理系) 244万円 533万円

 

元データ:

文部科学省「平成28年度 子供の学習費調査」「平成29年度 私立高等学校 授業料等の調査結果」など

 

 

 

 

オール私立(文系)ですと、

トータルで1,500万円

くらいですね。

 

 

高校・大学だけ私立だとしても、750万円

 

 

 

 

 

ここには、

通学にかかる交通費や校外活動費、

下宿代などは含まれていませんから、

実際はもっとかかります。

 

 

 

さらに、習いごとや塾代は別にかかります。

月に1万円の習い事代でも、

10年通えば120万円です。

 

 

 

塾代は中学生・高校生の平均で

年間10万~20万円くらいと言われています。

当然、科目数によってはもっとかかります。

 

(ただし、これにも幅があって、

塾によっては、年間200万円というところも。)

 

 

 

 

こう考えると、

子どもがひとり生まれた時点で

教育費は最低でも1000万円くらいは

かかると意識しておいたほうがよいと

いえそうです。

 

 

 

 

これは

小学校~大学までのトータルの金額ですので

もちろん、生まれた時点で1000万円全額

用意する必要はありません

 

 

 

1ヶ月あたりの負担で考えると、学費だけで

 

小学校 1万円
中学校 1万5千円
高校(私立) 7万円
大学(私立文系) 8万円

 

 

小・中学校は、国公立であれば

毎月のやりくりでなんとかなりそうですが

 

やはり、

高校と大学のときの負担がぐっと大きくなりますので

子どもが小さい頃から、

計画的に準備しないと間に合いません。

 

 

 

 

 

 

 

子どもの教育費の効果的な用意の仕方

 

 

 

 

学資保険のメリットとデメリット

 

 

 

教育費の準備方法というと、

まず学資保険を挙げる人が多いかもしれません。

 

 

メリットは

・強制的に貯められる

・親に万一のことがあっても、学費が準備できる

・所得控除の対象になる

 

 

という点が挙げられます。

 

 

 

一方で

・元本割れのリスクがある

・簡単に引き出す(解約する)ことができない

・保険会社が経営破綻した場合に全額戻ってこない可能性がある

 

 

というデメリットもありますので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

毎月コツコツ積み立てる方法

 

 

 

学資保険のデメリットを気にする場合は

この方法がよいでしょう。

 

 

まずは出産のお祝い金や

児童手当を貯金する、と

決めておくとよいでしょう。

 

 

 

比較的リスクが低い金融商品で運用したい、

という方は、iDeCoつみたてNISA

ジュニアNISAなどを活用するのもおすすめです。

 

 

 

ただし、運用期間が比較的短い場合

(目安としては10年以内)は

投資信託などの運用商品の活用は

慎重に検討しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ジュニアNISAの注意点

 

 

 

 

ジュニアNISAは、

2016年にスタートした制度で、

お子さま名義で投資信託などの運用ができるもので、

税金の優遇がある制度です。

 

 

 

教育資金の準備方法として注目されている

ジュニアNISAですが、

注意が必要な点があります。

 

 

 

一番大きいのは、

お子様が18歳になる年の12月まで

引き出すことができないこと。

 

 

 

大学以外の使途で引き出してしまうことを防ぐ

というメリットはありますが

 

推薦入試やAO入試などで、

入学金の支払いのタイミングが早まってしまった場合に

他の方法で資金を準備しておく必要があります。

 

 

 

 

ジュニアNISAについては、

以下のようなサイトも参考にしてくださいね。

 

 

ジュニアNISAがイーサ

日本証券業協会HPより

 

 

 

 

 

1つの方法だけでなく、組み合わせる!

 

 

 

引き出し可能な時期や、運用期間、リスクなど、

それぞれの方法のメリット・デメリットを勘案した上で

組み合わせて準備するのもよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

大切なのは教育費の計画だけじゃない

 

 

 

お子さまのことを大切に思うあまりに、

教育投資に全力投球しすぎてしまい、

気がついたら自分の老後のための準備が

なにもできていない

 

 

・・というのは、絶対に避けたいものです。

 

 

 

大切なのは、全体のバランス。

 

 

 

 

とはいっても、

妊活のタイミングでは、なかなか

そこまで心をもっていくのは

難しいかもしれません。

 

 

 

 

こういう情報があるということだけでも

心に留めておいていただけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妊活女性のお金の悩みを解決☆

ヒントはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガで一緒に楽しく学んでみませんか?

オトクな情報がたくさん!
プレゼント付き!

アラフォー妊活・出産の女性を
元気にする無料メールマガジンです

ぜひご登録ください♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です