ルスツリゾートの魅力ご紹介♡

 

 

こんにちは。岡田のりかです。

 

 

 

(※本記事は、妊活とは直接関係ありません。)

 

 

 

春休み、

北海道のルスツリゾートに滞在しました。

その旅レポです。

 

 

 

一言でいうと、

 

ルスツ。本当におすすめ。

 

 

 

 

 

旅行というと、ひと昔前までは

『観光をメインに動き回る』

というパターンが多かったのですが

 

 

 

今回はちょっと違った条件で

旅をアレンジしてみました。

 

 

 

今回の旅の条件:

 

☑ 新しい『体験』ができる(これが最重要ポイント)

☑ 飛行機で移動する

☑ 滞在型

 

 

 

 

新しい体験というのは

今回は「スキー」にしました。

 

 

 

スキーの経験がまったくないわけでは

ないのですが、

家族でのスキーは今回が初めて。

 

 

 

思いきって北海道のルスツリゾートを

選びましたが、これが大正解でした。

 

 

 

 

 

 

 

ルスツリゾート一番の魅力:雪質の良さとゆったり感

 

 

 

春スキーではありますが

さすが北海道。雪質は最高

 

 

 

春のルスツは、晴天率も高いんだそうです。

 

 

 

すいていてゆったりしているのもいいですね。

 

雪山の、透き通った空気がなんともいえず

気持ちいいです。

 

 

 

 

 

夫の花粉症も、滞在中はまったくでませんでしたよ。

…東京に戻ったとたんに再発してましたが。(^^;)

 

 

 

 

 

ヒツジや馬もいます。(笑)

人参などの餌があって、

食べさせることもできます。

 

 

 

 

 

 

 

わが家の子どもたちは入りませんでしたが

そり遊びなどができる

クレヨンしんちゃん広場」はこちら。

↓↓

 

 

 

 

 

 

ルスツの意外な魅力?!:国際色豊か!

 

 

 

ルスツに滞在していると、

色々な国の言葉が耳に入ってきます。

 

 

一番多いのは英語

 

 

 

 

スキーレッスンのインストラクターも

国際色豊かで、

 

感覚的には、

レッスンを受けている人のうち半分くらいが

英語でレッスンを受けていました。

 

 

 

 

日本人でもスキーレッスンを

英語で受けている人も結構いましたよ。

(チビッ子も含め)

 

スキーと英語、同時に学ぶことができて

一石二鳥ですよね。

 

 

 

わが子が受けた初心者向けスキーレッスンも

英語でどう??・・ときいてみたのですが

全力で拒否されました…苦笑。

 

 

いつも遊び半分で学んでいる英語を

使ってみるいい機会だと思ったんですが

子どもの心は難しいですね。

 

 

 

 

 

 

ホテルウェスティンリゾート

 

 

 

ルスツリゾートの中には主に2つ

大きなホテルがあるのですが

今回はウエスティンに泊まりました。

 

部屋の中は、こんな感じで2階建てのメゾネットタイプ

 

 

 

 

洗面所もダブルで広々。

 

 

 

ベッドはふわふわでした。

Westin Heavenly Bed® ( ヘブンリーベッド)

というそうです。

 

 

 

 

 

写真はありませんが、

温泉もなかなかよかったです。

 

ルスツリゾート内には2か所

大浴場があるのですが

ルスツリゾートホテルサウスウィングの大浴場よりも

ウエスティン内の大浴場のほうがよかったです。

 

 

サウスウィングの大浴場は

室内プールのすぐ隣なので

プールで泳いだ後に入るのには便利でした。

 

 

 

 

ホテルの部屋から見た朝日。↓

 

 

 

 

 

 

まだまだ魅力たくさん。グルメやエンターテインメント

 

 

ウエスティンホテルの朝食は

バイキング形式。

3つのレストランを選べますが

とても美味しくいただきました。

(スミマセン。写真はありません…)

 

 

 

こちらは焼肉屋さん。

 

ジンギスカンをチョイスしてみました。

 

(食べ放題にしてしまったのは失敗…。ヒツジは少しにして、他のお肉も食べたかった…。)

 

 

 

 

他にも色々ありますが、

朝食とこの焼肉屋さんは

割と混雑するので

開店と同時に行くことをおすすめします

 

 

 

 

 

こちらは無料のメリーゴーランド。

↓レトロな感じですね。

 

 

 

 

 

こちらはゲームセンター。

 

 

ポイントに応じてチケットがもらえて

チケットを集めると景品がもらえます。

 

 

こどもたちは

 

ゲームで楽しめる上に、

景品がもらえるなんてすごい!!

 

と、とても喜んでいました。

 

 

 

 

4Dシアターはジェットコースター体験ができるらしいです。

↓↓

 

 

(三半規管が弱い娘が断固拒否…。)

 

 

 

ゲームセンター近くのカフェ。

軽食やスイーツがありました。

 

 

 

 

 

 

 

おまけ:新千歳空港がスゴイ

 

 

帰りのバスが空港に到着してから

飛行機の出発時間まで時間があったので

空港内を探索。

 

 

この中で1日中過ごせるんじゃないかってくらい

色々あってビックリしましたよ。

 

 

 

 

ロイズのチョコレート工場見学。

 

ショップはもちろん、

パン屋さんやミュージアムも。

 

生チョコクロワッサンが美味しかったなぁ…。

 

 

 

 

ハローキティコーナードラえもんコーナー

カフェやショップもあります。

 

とにかく広い!

 

 

 

 

色々食べたいので、回転ずしで少しだけお寿司をつまむ。笑

 

 

 

 

 

ここのラーメンはおすすめです。

 

 

 

 

ここのカフェラテ、飲みたかったなー。(笑)

 

 

 

 

 

時間があれば、

温泉映画で時間をつぶすのもいいかも。

と思いました。^^

 

 

 

 

 

オトクに北海道に行く方法:マイレージで特典航空券を活用!

 

 

今回は

貯めたマイレージを使った航空券を使ったので

かなりお得に旅行をすることができました。

 

 

マイルを貯める方法は色々ありますが、

私が使っている方法をいくつかご紹介しますね。

 

 

 

マイルを貯めることに興味がある方は、

ネットで調べてみるといいですよ。

 

「マイル 貯め方」などで検索すると

本当に色々な方法が出てきます。

 

 

 

 

ANAカードを活用

 

 

陸マイラーと呼ばれる人に有名なANAカードが

ANA To Me CARD (通称ソラチカカード)

というクレジット機能付きのカードです。

 

 

このカードで貯められる「メトロポイント」から

マイルへ移行すると効率よくマイルが貯まるからです。

 

 

私は東京地下鉄(東京メトロ)に結構乗るので

コツコツメトロポイントを貯めています。

 

 

ちなみに、

新規にクレジットカードを作るときは、

ハピタスGpoint を経由すると

ポイントがもらえてお得です。

 

 

今ならハピタス からソラチカカードを作ると

3500ポイントもらえますね。

(2019年3月現在)

 

 

 

 

Gpointを集めてポイント移行

 

 

ハピタスGpoint などのポイントサイトで

集めたポイントは

amazonや楽天などの

ポイントに交換できたりして、

かなり汎用性が高いです。

 

 

 

「マイルを貯める」ことを目標にする場合は

Gpoint を貯めて、

いったんLINEポイントに変えてから

先ほどのソラチカカードのメトロポイントに

変えるのがいいみたいです。

 

 

 

お手持ちのクレジットカードのポイントを

Gpointに変えるのもいいですね。

私はリーダースカードのポイントを

Gpointに変えたり、Jデポで使ったりしてます。

 

 

 

 

 

ちょっと面倒なので、

興味のある方だけ、研究してみてくださいね。

 

 

 

ちなみに、リーダースカードを作る場合も

ハピタスGpoint を経由すると

ポイントがもらえる場合があります。

(2019年3月現在、ハピタスで1,250ポイント Gpointで1,500ポイントです)

 

 

※ただし、

ポイントのために買い物をしたり

クレジットカードを作ったりするのは

本末転倒ですのでやめましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妊活女性のお金の悩みを解決☆

ヒントはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

記事を気に入っていただけましたら、
ぜひ!!↓クリックをお願いいたします♪ 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガで一緒に楽しく学んでみませんか?

オトクな情報がたくさん!
プレゼント付き!

アラフォー妊活・出産の女性を
元気にする無料メールマガジンです

ぜひご登録ください♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です