妊活と歯医者の関係

 

 

こんにちは。岡田のりかです。

 

 

 

妊活をしている人はもちろんですが

誰しも、ついつい後回しになってしまいがちな

『歯』のメンテナンス。

 

 

 

後回しにしていると、あとあと大変ですから

これを機に、ちょっと気にしてみてくださいね。

 

 

 

私自身の経験と、

海外の歯医者事情もご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

妊娠したら、虫歯になりやすい?!

 

 

 

まず私自身の経験かですが、

妊娠中、ものすごく虫歯が増えました。(;’∀’)

 

 

 

母子手帳に、

妊娠中の、歯の検査の記録をつけるページがあるんですよ。

 

 

なので、軽い気持ちで、検査にいったんです。

 

 

 

従妹が歯科医なのもありまして

ものすごく怒られ(‥というか、あきれて)ましたが、笑

 

 

色々きいてみました。

 

 

 

妊娠すると、

 

 

☑ ずっと食べてる(『食い悪阻』)

 

☑ 食べ物の好みが変わって、酸っぱいものや甘いものをガンガン食べる

 

 

↑こういう習慣が、よくないのではないか、と。

 

 

 

 

調べてみますと、このほかに

 

 

☑ ホルモンバランスが影響している?!

 

☑ 唾液の量が減る?!

 

☑ つわりで歯磨きができない?!(私はこれはなかったかな・・)

 

 

 

真意のほどは分かりませんが、

とにかく、よく気を付けていないと

いつもより虫歯になる可能性は高そうです。

 

 

 

虫歯って、できてすぐ、小さいうちに見つかればいいですが

大きくなってからですと、治療も大変ですよね…。

 

 

 

それこそ、

妊活と仕事を両立しながらとか、

妊娠中や出産後に歯医者に通うのは至難の業です。

 

 

 

 

ですので、

妊活をこれから始める方

妊活中の方

 

ぜひ、今のうちに歯医者に行っておきましょうね。

 

 

 

クリーニングをしてもらうだけでも、

予防の効果があるそうですよ。

 

 

 

 

 

 

妊活中・妊娠中も歯の治療はできるのでしょうか?

 

 

「こんな薬は使ってはダメ」とか

「レントゲンは使わないで」

 

 

など、治療に関することについては

アドバイスはできないのですが、

(私は歯の専門家ではありませんので‥)

 

 

 

 

・通院の時間と手間

・かかるコスト

 

 

 

この2点を考えるだけでももう

 

 

できるだけ早めに歯医者に行ってください

 

 

と、声を大にして言いたいです。

 

 

 

 

きちんとした歯のお手入れを

毎日の習慣にしたほうがいいのは

言うまでもありません。

 

 

 

 

 

海外の歯医者事情(私の体験談)

 

 

 

実は、高校在学中に、

アメリカで歯医者に通ったことがあります。

 

 

交換留学生として

ある田舎町の高校に通っていたときです。

 

 

 

食生活や生活習慣がよくなかった、というのもあるのですが

ある日虫歯がひどく痛むようになりました。

 

 

 

腫れもひどかったので、すぐに予約してもらって

現地の歯医者にいったのですが

すごくカルチャーショックを受けました。

 

 

 

 

まず、完全予約制で、待合室が無いこと。

(当然、待っている人もいない)

 

 

先生が白衣を着ていないこと。

 

 

 

そして、

ひとりのクライアントの治療に、

2~3時間かけてくれること。

 

 

 

 

先生は、治療はもちろんしてくれるんですが、

どちらかというと、

『カウンセラー』のような感じでした。

 

 

 

 

私のこれまでの歯の治療履歴や

生活習慣などの話をよく聞いたうえで

 

 

 

今の歯の状態のこと、

 

そして

歯の手入れの方法や

気をつけなければいけないことを

やさしく、細かく説明してくれました。

 

 

 

 

そもそも、

「痛くなったら歯医者に行く」

という考え方が間違いだ

強く言われました。

 

 

 

 

言われてみれば、

一緒に生活していたアメリカの友人は

歯磨き・フロス・仕上げ磨きと

毎日すごく丁寧に歯のお手入れをしていましたし

 

 

 

皆、歯への関心が高いんですよ。

 

 

 

留学してすぐ、同じ教室にいた子に

『歯並びがきれいだね。日本人も矯正するの?』

ときかれたこともあります。

(私は矯正した経験はありませんでしたけど)

 

 

 

 

最近の話ではなくて、

ウン十年も前の話ですよ。

 

 

 

 

ちょうど、

『プリティ・ウーマン』という映画が

上映されたころなんですが

 

 

 

あの映画のワンシーンで、

ジュリアロバーツさんが、

デンタルフロスを使ってましたよね。

 

 

 

デンタルフロスって、

今は結構使ってる方多いと思いますけど

 

 

 

映画『プリティ・ウーマン』は、公開されたのが1990年。

 

 

 

デンタルフロスを携帯するのは

あの頃のアメリカでは普通だったんですねー。

 

 

 

私が高校生のときに、

日本でデンタルフロス使ってる人なんていたかな‥?

 

そもそも売ってなかったと思います。‥よね?

 

 

 

 

 

 

(ちなみに、こちらは私が気に入ってるフロスです。)

Dr. Tung’s, スマートフロス

 

アイハーブというネットショップで買っています。

 

 

 

 

 

ちなみに・・海外での病院事情

 

 

ちなみに、歯に限らず、

海外で治療をする可能性のある方は

必ず、海外旅行保険に入っておいてくださいね。

 

 

桁違いに、治療費がかかりますから…。

 

 

 

 

ご参考までに、

以前、私が書かせていただいたコラムがあります。

 

海外の医療事情や、海外旅行保険のことが書いてありますので

よかったら読んでみてくださいね。

 

病院でまさかの門前払い!?海外の病院事情

 

海外で虫歯になったら保険がきかない!?歯科治療費用特約とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

予防が究極の治療

 

 

 

歯は替えがきかないうえに

一度悪くなると、メンテナンスにとてもお金と時間がかかります…。

 

 

 

毎日の予防を習慣づけることが

一番の治療ですね。

 

 

 

そして、お金の面でみても

一番のコストカットへの近道なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレゼント付♪無料メルマガ 明るい!妊活マネーレッスン

ご登録はこちらからどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

記事を気に入っていただけましたら、
↓クリックをお願いいたします♪ 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガで一緒に楽しく学んでみませんか?

オトクな情報がたくさん!
プレゼント付き!

アラフォー妊活・出産の女性を
元気にする無料メールマガジンです

ぜひご登録ください♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です