40代キャリア女性はiDeCo(イデコ)を活用すべし!!

 

 

 

こんにちは。岡田のりかです。

 

 

 

 

この記事でお伝えしたいのは

 

iDeCo(イデコ)

 

 

のことです。

 

 

 

 

仕事をしている方でしたら、

ほぼ必ず『税金』って支払ってますよね?

 

 

社会人として当然のこと。

 

 

・・・といえばそのとおりなのですが

 

 

 

節税するための情報、きちんと集めてますか?

 

そしてそれを行動に移していますか?

 

 

 

 

iDeCoの対象者、

つまり、活用すれば節税できる人の中で

ちゃんと行動に移している人はまだ

 

たったの5%。

 

 

早ければ早いほど、受けるメリットも大きいですから

この記事を読んだ方は、すぐ行動に移してくださいね。

 

 

 

 

手続きさえしたら、

 

基本的にほったらかし

 

 

でOKですので、多忙なキャリア女性には

本当におすすめです!!

 

 

 

 

そもそもiDeCoって何?

 

 

日本語でいうと

 

個人型確定拠出年金

 

といいます。

 

 

これだと言葉が難しいので、

イデコという愛称がつけられています。

 

確定拠出年金法という法律で決まっている

国の制度です。

 

 

 

原則毎月一定の金額を

「自分のため」に積み立てていきます。

 

 

 

毎月5千円から千円単位で始めることができます。

 

 

外食を一回ガマンすれば、利用できますね。笑

 

 

 

 

自分のためのつみたてなので、

将来、積み立てた金額を受け取ることができます。

 

比較的低リスクで、運用もできます。

 

 

 

 

大きなメリットはふたつ。

 

 

たくさん節税できること

 

 

ほぼ誰でも加入できて、自分年金がつくれること。

 

 

 

このふたつのメリットについて説明しますね。

 

 

 

1つ目のメリット:たくさん節税できる

 

 

たとえばですが、

生命保険に入ると、

年末調整などで控除できる!…のは知ってる方多いです。

 

 

でもそれ、上限がありますよね。

 

 

年間4万円です。

 

 

年間、生命保険に10万円以上払っている人、

多いと思いますけど

 

それでも4万円(住民税とあわせたら6万8千円)です。

 

 

 

 

 

iDeCoは、掛け金が「全額」控除できるので

 

年間、27万6千円支払ったら

27万6千円全額、所得から控除できます。

 

 

(27万6千円というのは、月に2万3千円掛け金をだしている計算です。)

 

 

税金でいうと、

毎年およそ8万円、戻ってくる(課税所得が400万円の場合)ことになります。

 

 

ちょっと乱暴な言い方をあえてしますが

 

 

27万6千円貯金して、8万円戻ってくる

 

 

って考えると、すごくないですか???

 

 

 

 

 

この他にも、

 

運用の間の利益や、

積み立てが終わって受け取るときも

 

税金がオトクになります。

 

 

こちらも計算してみるとかなーり大きいですよ。

 

 

 

 

2つ目のメリット:(ほぼ)だれでも加入できる

 

 

毎月5千円から、と先ほど書きましたが、

この金額には上限があります。

 

 

職業や立場で、

「じぶん年金」以外の年金の充実度に差があるので

上限の金額が異なります。

 

(たとえば、フリーランスの人は

「国民年金」しかありませんが

 

「厚生年金」がある会社員とは

将来もらえる年金の金額に、

大きな差がありますよね。)

 

 

 

iDeCoの掛け金の上限金額をまとめてみますね。

 

 

対象者 iDeCoに加入できる? 掛金の上限(1ヶ月) iDeCo優先度
自営業者・フリーランス 68,000円
会社員 企業年金なし 23,000円
企業年金あり(DCなし) 12,000円
DCのみ 20,000円
公務員 12,000円
専業主婦(夫) 23,000円

 

企業年金がある会社にお勤めの方は、

イデコが使えるのは

会社がOKした場合だけですので

注意してくださいね。

 

(最近は企業型年金がある会社は減っているようですが…)

 

 

 

この表をみていただけると分かるんですが

 

 

◆企業年金がない会社で働いている人

 

◆自営業者・フリーランス(で税金を払っている人)

 

 

は、

 

もし、

「面倒だから」「よく分からないから」

という理由だけで先送りしているんでしたら

 

 

本当にもったいない!!!!です。

 

 

 

 

iDeCoを今すぐ始めるべき人

 

 

ここで、iDeCoのデメリットについても書きます。

 

原則

60歳になるまで、引き出すことができない

 

 

ということです。

 

 

 

途中で、

 

家や車を買いたいとか

子どもの学費を払いたいとか

病気で働けなくなったとか

 

理由があっても、

60歳になるまで引き出すことができません。

 

(障害や死亡の場合は別です)

 

 

 

ですので、基本的には

余裕資金ではじめることが大切です。

 

 

 

iDeCoを今すぐ始めるべき人をまとめますと

 

 □自分の老後のために資産を準備したい人

 □働いて税金を払っている人

 □たくさん節税したい人

 □毎月5千円以上の掛金が出せる人

 □現在、50歳未満の人※

 

 

ということになります!

 

 

 

※50歳過ぎていても加入できますが、

加入期間が60歳のときに10年未満の場合は

その分、受取り開始できる年齢が延びます。

 

 

 

 

 

さらに付け加えますと

 

 □手間がかからない資産運用に興味ある人

 

 

も、低リスクで投資信託が購入できますのでおすすめです。

 

(投資が嫌な人は、定期預金を選ぶこともできますよ)

 

 

 

 

iDeCoに入れない人

 

 

下記の場合は、iDeCoは使えません。

 

□国民年金の保険料を払っていない

□国民年金基金に上限額いっぱいに掛け金を払っている

□勤め先に企業型確定拠出年金があって、会社が認めていない

 

 

 

 

 

iDeCoの始め方

 

 

ざっくりとiDeCoに加入する流れを書いてみますね。

 

1.掛け金を決める

 

「60歳以降まで下せない」ことを前提に、

毎月、いくらなら無理なく支払うことができるか検討しましょう。

 

 

金額を途中で変更することもできますが、

年に1度だけで、手続きに数か月かかります。

 

途中で停止したり再開することもできます。

 

 

2.金融機関を選ぶ

 

銀行や証券会社がiDeCoの窓口になりますが

1社しか契約できません

 

(途中で変更もできますが、手続きが煩雑です。)

 

 

金融機関をえらぶときは、以下のポイントの中で

自分が重要と思うところを検討しましょう。

 

 

選ぶことができる商品のラインナップ

・カテゴリー(預金や投資信託)

・本数(通常は、たくさんあると選ぶのが難しいので、厳選されています)

 

 

サービス

・コールセンターやWebサービスの営業時間や対応のよさ

・店頭で案内しているか

 

 

費用

・加入時手数料

・口座手数料

・(投資信託の)信託報酬

 

 

・・・
といっても、そもそも比較するための材料がないですよね。

 

 

そこでおすすめなのがこのサイト。

 

iDeCoナビ(NPO法人確定拠出年金教育協会)

 

 

下の方へ少しスクロールすると、

 

「取扱金融機関比較」

 

というコーナーがあります。

 

 

こんな感じ↓

 

 

情報がとってもよくまとまっていますので、

ぜひ見てみてくださいね。

 

 

 

数社に絞り込むことができたら、

資料請求しましょう。

 

24時間Webで受け付けているところもありますし、

コールセンターで対応しているところもあります。

 

 

 

 

3.商品配分を決める

 

 

「掛金をどういう商品に配分するか」

は、自分で決める必要があります。

 

 

なかなか難しいかもしれませんが、

 

まずは

 

□元本が保証される定期預金や保険商品にするか

□(少し)リスクがあるが、投資信託などで運用するか

 

を決めたうえで、

 

 

それぞれどんなラインナップがあるか、みてみましょう。

 

 

上記と同じ、こちらのサイトが便利です。

 

iDeCoナビ(NPO法人確定拠出年金教育協会)

 

 

 

下の方へ少しスクロールすると、

 

「iDeCo(イデコ)運用商品比較」

 

というコーナーがあります。

 

 

こんな感じ↓

 

 

 

色々な切り口で比較することができます。

 

 

 

投資信託は、

初めての人にとっては敷居が高いかもしれませんが、

 

『ほったらかしOKの資産運用』です。

 

 

それほど面倒でも、難しくもないので

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

 

 

4.申込書を記入する

 

申込み書は、申し込む人の職業や立場によって、

4種類あります。

 

金融機関から資料を取り寄せるときに伝えると、

該当のものを送ってくれます。

 

 

 

提出に必要な書類が申込書の種類によって違いますので

注意しましょう。

 

(特に、民間企業の場合は、会社に記入してもらう必要がある書類があります。)

 

 

 

申込み書類を提出したあとは、

開始できるようになるまで、数か月かかります。

気長に待ちましょう。笑

 

 

 

 

そうはいってもやっぱり難しそう・・?

 

 

まずは興味をもちましょう!

 

そして調べましょう!!

 

 

おススメのサイト:iDeCoナビ

 

おススメの本:iDeCoの教科書

 

 

 

行動を起こさないことには、なにも変わりませんよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料メルマガ 明るい!妊活マネーレッスン ご登録はこちらからどうぞ

 

 

 

カウンセリングのお申込み・お問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

 

 

 

FP仲間の方へのおすすめはこちらから

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガで一緒に楽しく学んでみませんか?

オトクな情報がたくさん!
プレゼント付き!

アラフォー妊活・出産の女性を
元気にする無料メールマガジンです

ぜひご登録ください♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です