いちばんまとまっていて分かりやすい!不妊治療の助成金情報!

 

 

 

こんにちは。岡田のりかです。

 

妊活と仕事にがんばる女性を応援する

妊活マネーアドバイザーです。

 

 

 

今日は、妊活の中でも多くの方が悩む

「不妊治療」に関するお金の情報を

まとめてみたいと思います。

 

 

 

『助成金』です。

 

 

 

不妊治療をしたら、助成金がもらえるらしいよ…!

 

このことをご存知の方は結構いらっしゃいます。

 

 

でも、その内容や条件などを事前に

きちんと調べている方は意外と少ないかもしれません。

 

また、いざ申請しようとしたら

わからないことがでてくることもあります。

 

 

 

 

情報を正しく理解していないために

 

・もらえると思っていた助成金がもらえない

・もらえるはずだった助成金の申請時期が過ぎてしまった

・実はもらえる助成金をもらえないと思って申請しなかった

 

ということにならないよう、

助成金申請時の注意点をまとめてみました。

 

 

 

 

なお、

なるべくわかりやすい言葉で説明していますが

原文にもできるだけ忠実になるよう、原文の言葉を

※で注記している部分があります。

ざっと理解をしたい人は、※の部分は読み飛ばしてくださいね。

 

その治療は助成金の対象となりますか?

 

 

「一般不妊治療」と「特定不妊治療」という言葉。

 

助成金のことを調べていると、

まずこの言葉が分かりにくいんです。

 

 

助成金は、ここを区別して考えなければなりません。

 

 

特定不妊治療:体外受精および顕微授精

 

一般不妊治療:不妊の検査、タイミング法・薬物療法・人工授精など

 

 

 

平成16年に、がスタートした

不妊治療に対する助成金制度は

「特定不妊治療」が対象です。

 

参考:不妊に悩む夫婦への支援について(厚生労働省)

 

 

理由はシンプルで、健康保険が適用されないからです。

 

 

ただし、

申請できるのは体外受精か顕微授精でないと

妊娠できないカップル※限定です。

 

(※特定不妊治療以外の治療法によっては

妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと

医師に診断された法律上の婚姻をしている夫婦)

 

 

 

 

また、ここには男性不妊※も含まれます。

 

※精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術

 

 

 

 

一方、「一般不妊治療」は

まったく助成金の対象にならないかというと

一概にそうとは言えません。

 

 

地方自治体によっては、

独自に制度を設けて助成しているところもあるからです。

 

 

地方自治体というのは、ご存知のとおり

お住まいの市区町村や都道府県のことですが、

 

 

 

市区町村で実施しているものと

都道府県で実施しているものとで

違っていることもあるので注意が必要です。

 

(代表的なのが、東京都と東京都八王子市です。)

 

 

 

 

国・都道府県・市町村。それぞれで助成金がもらえるの?

 

 

「特定不妊治療費」の助成事業は

国(厚生労働省)が決めて、

各都道府県・指定都市・中核都市で行っています。

 

 

助成は、お住まいの地方自治体が行いますが

そのお金の半分は、国が負担しています。

 

 

この事業は、

すべての都道府県・指定都市・中核市(99自治体)

で行われています。

 

 

 

ですので、

 

お住まいの自治体の窓口で申請する

「特定不妊治療費」

の助成金の申請は、これ1本ということになります。

 

 

ただし

 

これ以外に、お住まいの自治体が

「独自に」助成金をだしている場合は

これ以外にも受け取れることがある

 

 

ということになりますね。

 

 

 

 

 

 

助成の対象となるのは、指定されているクリニックや病院だけ

 

 

助成の対象となる医療機関は、

ホームページなどに掲載されています。

 

指定されていない場合は

助成金が申請できないことになってしまいますので

注意しましょう。

 

 

「特定不妊治療(体外受精および顕微授精)」

の場合はこちら↓から確認できます。

 

 

 

厚生労働省がしているクリニック※など

 

(※不妊に悩む方への特定治療支援事業 指定医療機関一覧(厚生労働省))

 

 

 

これ以外にも、地方自治体が独自に指定している場合もあります。

お住まいの都道府県・市町村のホームページなどで確認しましょう。

 

 

 

 

また、

お住まいの自治体が「一般不妊治療(タイミング法など)」に補助を出している場合、

医療機関が指定されているのかどうかを確認しておくといいでしょう。

 

 

たとえば、東京都の場合は、

都内で不妊検査と一般不妊治療を実施している医療機関

として、掲載に同意をとった医療機関を公開しています。

 

 

 

 

 

いずれにしても、

実施している検査や治療の内容、金額などが

医療機関によって大きく異なりますので

 

 

 

希望するクリニックなどをリサーチする

助成金の対象かどうか確認する

 

 

の順序がよいと思います。

 

 

人気のあるクリニックなどでは、

ホームページで助成金の申請方法を紹介していたり

アドバイスしていただいたりできたりしますね。

 

 

 

 

 

助成してもらえる回数が、(女性の)年齢によって決まっている

 

 

特定治療(体外受精および顕微授精)の場合、

 

治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満である

 

という条件があります。

 

 

さらに、

 

初めてこの助成を受けた時の治療開始日時点で、

 

妻の年齢が39歳までの夫婦:  通算6回まで

妻の年齢が40歳以上の夫婦:  通算3回まで

 

と回数が決まっています。

 

 

 

1回あたりの上限金額

 

初回は30万円まで

2回目以降は15万円まで

 

と決まっていますが

 

この金額も、自治体によって上乗せされていたり

治療ステージなどによって細かく分かれていたりします。

 

 

参考:東京都特定不妊治療費助成事業のご案内

 

 

 

 

 

「一般不妊治療(タイミング法など)」が助成対象の自治体では

これとはまた違った条件が出ていたりしますので

別途確認しましょう。

 

 

例えば東京都の場合、

 

治療期間の初日における妻の年齢が

(43歳ではなくて)

35歳未満である

 

という条件があり、

 

5万円を上限に助成

助成回数は夫婦1組につき1回

 

となっています。

 

 

例:不妊検査等助成事業の概要(東京都)

 

 

 

 

 

所得制限(730万円)は「年収」ではない!

 

 

特定不妊治療費助成の対象となるための条件に

 

所得が夫婦合算で730万円未満

 

というのがあります。

 

 

夫婦合算の所得ベースで730万円

というと、

 

 

単純にふたりの年収を合計してみて

あきらめてしまう方がいらっしゃいます。

 

 

 

所得ベースと収入ベースは違います!!

 

 

所得とは

収入から必要経費を差し引いた金額ですから、

 

 

会社員の場合は

 

給与の金額から

会社員の経費とみなされる金額、つまり

給与所得控除を引いたあとの金額になります。

 

給与所得控除の金額は、

給与の金額によって決まっています。

 

 

参考:給与所得控除の金額の計算式(平成29年分)

 

162.5万円以下:65万円

162.5万円超180万円以下:収入金額×40%

180万円超360万円以下:収入金額×30%+18万円

360万円超660万円以下:収入金額×20%+54万円

660万円超1000万円以下:収入金額×10%+120万円

1000万円超:220万円(上限)

 

 

 

たとえば、

 

夫の給与収入が600万円

妻の給与収入が400万円の場合。

 

夫の所得=600万円-(600万円×20%+54万円)=426万円

妻の所得=400万円-(400万円×20%+54万円)=266万円

 

となり、

426万円+266万円=692万円

 

ですので、助成金を申請することができます。

 

 

 

源泉徴収票をみてみましょう。

 

「支払金額」のとなりに

 

「給与所得控除後の金額」

 

という金額が書かれていると思います。

 

 

さらにいうと、

 

 

ここからさらに、

 

社会保険料等相当額(8万円)

医療費控除

雑損控除

小規模企業共済等掛金控除

などを

差し引いた金額で730万円かどうかを判定しますので

 

 

給与所得控除後の金額の夫婦合計で

730万円を超えていたとしても

対象となる可能性は十分にあります

 

 

 

自営業者の場合は

確定申告書での「所得金額」の合計から

上に挙げた控除額を差し引いた金額を使います。

 

 

 

参考;東京都 Q&A集(質問と回答)

 

 

 

 

どうしてルールが分かりにくいの??

 

 

ここまでに触れたように

国が公表している

「不妊に悩む方への特定治療支援事業」

の内容以外に、

 

お住まいの自治体ごとに

様々な助成がされている場合が多くみられます。

 

 

全国でルールが統一されていないことが

助成金の仕組みをわかりにくくしているように思えますが

 

住民の声を受けて、自治体がそれぞれ独自に

サポートしていこうと取り組んできた結果ともいえます。

 

 

ですので、

 

所得制限や年齢制限がある

という大まかなルールを把握した上で

 

 

・対象となる治療内容

・年齢と回数(上乗せしている場自治体もあります)

・指定医療機関

・申請期限

・所得制限の有無(所得制限がない自治体もあります)

・必要な書類や手続き

 

 

を、具体的に1つずつ確認していきましょう。

 

 

東京都で平成30年4月1日から

「事実婚」の方も助成対象になるなど、

 

制度内容自体が日々進化しています。

 

 

治療開始前にチェックするのはもちろん、

治療中もこまめに最新の情報にキャッチアップできるよう

アンテナを立てておきましょう!

 

 

 

※本記事は、2018年11月現在の情報で記載しています。

 

 

 

 

 

 

 

プレゼント付♪無料メルマガ 明るい!妊活マネーレッスン

ご登録はこちらからどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

記事を気に入っていただけましたら、
↓クリックをお願いいたします♪ 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガで一緒に楽しく学んでみませんか?

オトクな情報がたくさん!
プレゼント付き!

アラフォー妊活・出産の女性を
元気にする無料メールマガジンです

ぜひご登録ください♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です